「ママ振袖ご相談会」開催中♪

呉服のたなかでは

お盆前後のこの時期

毎年「ママ振袖ご相談会」を開催しています。

夏休みやお盆の帰省で、家族皆さんが一緒に動ける時期ということで

ご相談が集中する時期でもあります。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

『ママ振袖ご相談会』

 ◆8月2日(月)~12日(木) 10時~18時

   *8日(日)は定休日

   *ご来店の際は事前にご予約いただきますようお願いします

 ◆呉服のたなか 店内にて

   北九州市八幡西区藤田2-3-19

   tel 093-631-3391

よくあるご相談内容

①お母さん、お婆ちゃんが着た振袖ですが着られますか?

 まずは振袖がどのような状態なのか見せていただきたいです。

 きちんと管理、保管していれば何十年経過していても

 劣化が少なく、着られる可能性が高いです。

 シミ、カビなどがあっても、今はしみ抜きの技術が進んでいますので

 キレイに取れるかもしれません

 その次は寸法の問題です。

 体格があまり変わらないようでしたら、そのままで着用できますが

 お母さんと娘さんの身長が10センチ以上違う場合は

 仕立て直しが必要になる場合があります。

 身長だけでなく、手の長さや身幅なども関係しますので

 お着物をお持ちの上、親子でご一緒にご来店ください。

 できるだけ料金がかからずにご着用いただけるよう

 アドバイスをさせていただきます。

 ②振袖は「ママ振り」にしようと思いますが、長襦袢や小物も使えますか?

 振袖以外に必要なものとしては、帯、長襦袢、帯締、帯揚、重ね衿、半衿、草履、バッグ、ショール

 足袋、そして着付に必要な下着などの和装小物です。

 ご来店の際は、お手持ちのものをすべてお持ちください。

 一般的には

 帯締、帯揚、半衿などは多少色の流行があり

 時間の経過により褪色したりしますので

 小物だけでも新しい物に変えるとずいぶん垢抜けたコーディネートになります。

 また、草履は消耗品ですし

 履いていなくても時間の経過とともに劣化していきますので

 新しいものにされると着姿がぐっと良くなります。

 ③仕立て直しなどのお直しはどのくらい期間がかかりますか?

 その時の仕立や加工の混み具合にもよりますが

 「仕立て直し」の場合は、余裕を見て約2ヶ月ほどいただきたいです。

 「しみ抜き」や「部分的な直し」でしたら1ヶ月あれば十分できます。

 ④みなさんいつ頃振袖を用意されますか?

 これは人それぞれで、ぎりぎりになってご相談にいらっしゃる方もあれば

 高校を卒業して、その年のゴールデンウィークや夏休みに

 ご用意される方もあります。

 特にいつということはありませんが

 振袖は皆さんの都合(お母さん、お父さん、娘さん、お婆ちゃんなど)が良い時期で

 お祝い事ですので、早めにご用意された方が安心かと思います。

 遅くとも成人式の半年前には、どのようにされるか決めた方がよろしいですね。

 ⑤どこに相談したらいいでしょうか

 比較的入りやすいチェーン店

 振袖をたくさん置いている振袖専門店

 レンタル店

 地域の専門店

 など「きもの屋」といっても色んな業態のお店があります。

 「ママふり」に関しては、寸法やお直し、お手入れといった専門的な

 知識や経験が必要になりますので、当店のような専門店にご相談されるほうが

 良いかと思います。

 振袖だけでなく、その後の「きものライフ」についても安心して

 お任せできる信頼できるお店をおすすめいたします。

 黒崎で創業50年!

 夫婦でやってる小さなお店ですが

 お客様のために、できることを精一杯させていただきます。

 どうぞお気軽にご相談ください。

 

呉服のたなか アクセス情報
営業時間:10:00~18:00
住所:北九州市八幡西区藤田2-3-19
Tel 093-631-3391
 FB 呉服のたなか、田中寿典、田中絵里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です