「丸洗い」について①

着物のお手入れって

難しそう。。。

面倒くさい。。。

どうしていいか分からない。。。

そういった声もよく聞かれます。

確かに

洋服と同じように、とはいきませんが

それほど難しくもありません。

 

まず

家で洗える着物かどうか、ということが最初のポイントになります。

麻、綿、ポリエステルは家で洗っても大丈夫です。

手洗いがベストですが

着物用洗濯ネット 「くるくるざぶざぶ」(きくちいまさんオススメ!)

  *当店で1,080円で販売してます

に入れて、洗濯機へポン!

きものハンガーに吊るしておけば、あっという間に乾きます。

 

絹、ウールは家では洗わないほうがいいです。

生地が縮んだり、型くずれしたり、変色したり、生地が傷んだりする

恐れがあります。

専門業者(着物屋さん、着物専門のクリーニング屋さん)に

相談された方がいいかと思います。

一般のクリーニング屋さんも受け付けてくれますが

トラブルの話も聞きますし

クリーニング屋さんは、着物の知識のない方や取り扱い方法を知らない方も

いらっしゃるので、着物屋さんの方が安心です。

 

「丸洗い」というのは

着物を解かずに、水洗いでそのまま全体の汚れを落とし

仕上げをするという専門的なお仕事です。

お店によって多少料金が違いますが

だいたい

6,000円~10,000円くらいでしょうか(着物の種類によっても違います)

洋服に比べたら、ちょっと高いように思われるでしょうが

絹は動物性の天然素材で、デリケートな繊維ですし

着物の形状を損なわないよう、手間のかかる仕事になりますので

どうしてもこのくらいの料金がかかってしまいます。

逆に、あまりに安いところは要注意です。

水洗いせず、ドライクリーニングだけしかしていないかもしれません。

ドライですと、水性の汚れは落ちませんので

あまり汚れが落ちていないと思われます。

そのへんは、一般の方は分かりにくいので

信頼できるお店に出された方がよろしいかと思います。

 

当店の「丸洗い」は

長く取引をしている、京都・地元の信頼できる加工業者に出しています。

料金はだいたい

単衣 6,000円

袷せ 7,000円

といったところです。

*税別、着物の種類によって多少変わります

 

毎年、6月と11月に

「きものお直し再生相談会」をしています。

この道50年の、お直しのプロ! 田辺恒治さんにお越しいただき

着物のお直し、いろんな悩み相談会を行っています。

この期間限定で

特別に田辺さんが割安で「丸洗い」をしてくれます。

もちろん仕事は、きっちり!

この機会に、シーズンオフに入った着物のお手入れ

しばらく着ない着物のお手入れ

しておきませんか。

 

「きものお直し再生相談会」

◆11/15(水)~18(土) 10:00~18:00

◆呉服のたなか 店内

◆京都のお直し職人 田辺恒治先生来店

   (田辺さんの在店は 11/15~17の3日間です)

   (11/18は店主がご相談承ります)

★期間中は、丸洗いを特別価格 3,800円(税別) で承ります

   *おひとり様5点までとさせていただきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です