きものお手入れ・お直しシリーズ④~仕立て直し

今日は

訪問着の仕立て直しを承りました。

お求め頂いてから約10年以上が経過し

その頃と体型が変わられて

着られますでしょうかというご相談。

 

なんとか着付のテクニックを駆使すれば

着られなくもないですが

ちょっと無理がありますし

着ているうちに恐らく着くずれしてしまいます。

格好もよくないです。

大切な式での列席になりますので

仕立て直ししましょうということになりました。

 

一度きものを解いて

お体に合わせて仕立て直しです。

訪問着なので本来柄合わせが大切なのですが

着やすい寸法にすることのほうが優先です。

 

きものは洋服と違って

こういうことができるのが良いところですね!

洋服だとデザインに流行がありますし

体型が変わると着られません。

買い換えなくてはいけませんよね。

 

その点

私は

きものはスローフードならぬ

「スローウェア」と言ってます。

大切なきものですので

お手入れ、お直しに少々コストがかかっても

長~く愛用していただきたいものです。

 

どんなことでも

お気軽にご相談くださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です