京都へ

明日、明後日(1/31~2/1)は

京都出張のため、お店はお休みになります。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

 

出張の目的は

主に今年の浴衣・夏物の仕入れ(受注会)です。

他には、春から秋にかけて予定している催事の打合せ

きくちいまさんの新刊出版記念パーティーなど。。。

 

京都は毎月の月初めに問屋やメーカーが業者向けの

展示会(新作発表会)を行うのですが

2月は夏物の新作がいっせいに発表になります。

東京の 竺仙 などは、この時しか商品を見る機会はありませんので

どれだけ注文するかは別として

たくさんの浴衣の柄を見ることは

目の肥しになることは間違いないです。

 

ところで

私のお店の浴衣へのスタンスとしては

《誂え》に特化しています。

誂えとは

「着る人の寸法に合わせて反物から仕立てをする」

ということです。

洋服で言えば、オーダーです。

ずっと前は、プレタの浴衣(仕立て上がり)も置いていましたが

店頭に置くのはやめました。

人通りがほとんどないので、ふらっと入ってこられる方も

少ないですし

店も決して広くないので、たくさん置くスペースもありません。

そして

プレタは百貨店、量販店、スーパー、洋服屋さん

はたまたユニクロさんなどが

たくさん並べていますので勝負になりません。

それにプレタはSMLのざっくりサイズなので

体型によっては、合わない場合もありますし

柄もありきたりのものになります。

量産しているので、当然同じものを着ている人と出くわすこともあります。

そんなこんなで10年以上前にプレタは撤退して

誂えに特化してます。

(男性物、子供物に限りプレタは置いています)

 

その代わり

浴衣といえど、生地や染め、色柄に拘ったものを

いろんなところから探して仕入れてきます。

ここ数年は、きくちいまさんの麻襦袢がスマッシュヒットして

浴衣の下に麻襦袢を合わせて

夏のきもの風に着られる方も増えています。

原色のサンプル反物

「浴衣」が「夏のきもの」に進化してます。

だいたい30代半ばから50代の

おしゃれ感度の高い女子にオススメです。

生地も綿100%のほかに

綿麻、麻もありますし

絞り加工や墨流し、紅型調など

個性的でおしゃれなものを置くようにしています。

もちろん

帯もそんな「夏きもの」に合わせられるような

素敵なものをラインナップします。

 

夏祭りや花火大会などはもちろんですが

大切な人とのお食事会や観劇

ホテルでのパーティー

お友達とのショッピング、小旅行などなど

今年の夏は大人の「夏きもの」にチャレンジして

女子力をあげてみませんか。

そのコーディネートのお手伝いをさせていただきます。

 

ということで

頑張って素敵な浴衣・夏物を仕入れてきます。

店頭でのご紹介は、4月に入ってからになるかと思いますので

お楽しみに!

 

2月の催事

「プレきものマルシェ&米沢カジュアル おしゃれきものコレクション」

◆2/15(木)~2/18(日)

◆呉服のたなか 店内にて

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です