桐でつくった組子ベッド

桐でつくった組子ベッド

大川の桐箪笥メーカー「和光」さんの作られたベッドです。昔は桐を大切な掛軸や着物の保管に使用されていました。


組子の技術を活かして、特許も取得しています。桐は昔からお大切な掛軸や着物を保管するのに使われました。湿度を一定に保ち、消臭、防虫効果もあるので、シミやカビの予防に適した素材です。
2mm幅の組子にしていますので、布団にカビが生えにくく、梅雨時期でもサラサラ、冬は暖かい自然の素材ですので体にやさしく、ぐっすり眠れます。
腰痛持ちの母も晩年愛用していました。
ご興味のある方は、詳しくご説明させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です