着物のお直し、お手入れについて

このところ新規のお客様で

ホームページを見られて

お直しのご相談にいらっしゃる方が増えています。

ママふりご相談会
古い振袖がキレイに!

お直しといってもいろんなケースがあります。

単純な「丸洗い」や「しみ抜き」もあれば

「お母さんやお婆ちゃんからのお譲りもので、自分が着られるかどうか見て欲しい」

「寸法が合わないので仕立て直しをしてほしい」

「自分が着た振袖を娘が成人式で着れますか」

「留袖、喪服が色ヤケしているので直してほしい」

「紋を入れ替えてほしい」

「肩行きや袖丈の部分直しをしてほしい」

「裏地が黄変しているので取り替えて欲しい」

「反物をいただいたので仕立てて欲しい」

など様々です。

きものお手入れ
箪笥の中がスッキリ

こういうお直しのことを

きもの業界では専門用語で悉皆(しっかい)といいます。

悉皆はそれなりの経験値と知識

そして腕の良い職人さんとのパイプが必要です。

もし失敗したらお客様にたいへんなご迷惑をかけ

場合によっては弁償しなくてはいけないので

受付ない呉服屋さんもあるでしょうし

チェーン店の店員さんなどはまったくそういう知識がなく

売ることばかりに熱心です。

お直しについても

考えられないような高い見積もりを

お客様から見せていただいたこともあります。

お直し事例 その1
しみ抜きも大丈夫

お直しは気をつかうたいへんな仕事ですが

私たちは頼って来られたお客様の

少しでもお役にたてればと思い

先代から48年間積み重ねてきたノウハウとネットワークを使って

できるだけお断りせず

最善を尽くしています。

どんな小さなことでも遠慮なくご相談ください。

ただ

できましたら事前にだいたいの内容と

ご来店の日時をおしらせいただけますと

とても有り難いです。

よろしくお願いします!

「米沢染と織の祭典partⅡ&米沢バル(芋煮会)」

◆10/18(金)~20(日)

◆岡田神社 儀式殿にて

イベント開催に伴い

10/17(木) 13時で閉店

10/18(金)~20(日) 店休

とさせていただきます。

どうぞ会場の方へお運びください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です