薩摩と琉球幻の染織展

一例  木綿の首里花織
木綿の首里花織

竹富ぐんぼう
琉球本紅型(城間栄喜氏作)
木綿藍染夜着
絹宮古  他5月の催し
日時   5月 28日(木)~30日(土) 9:30~19:00
*最終日は17時まで

*上記作品は非売品です

場所   黒崎ひびしんホール 会議室
北九州市八幡西区岸の浦2丁目1-1
TEL 093(621)4566
主催   「薩摩と琉球幻の染織展」実行委員会
事務局  呉服のたなか
北九州市八幡西区藤田2-3-19
TEL 093(631)3391

◆ 鹿児島で『隼人紬工房』を主宰されている杉山彌太郎氏が
長年かけて収集した、鹿児島、沖縄のめずらしい染織品を約30点展示いたします。
その他、隼人紬工房オリジナルの作品や全国の珍品紬等を展示販売

2

  • ◎綿さつま
  • ◎古代大島紬
  • ◎吉野間道
  • ◎タッチリー織
  • ◎科布
  • ◎藤布
  • ◎丹波布
  •       他

3

☆杉山彌太郎氏、太一氏の親子が
三日間会場にいらっしゃいます。
とっても詳しく染織品の解説をして
くださいますので、着物好き、
染織好きの方にはたまらないと思います!

4
☆お楽しみ実演コーナー
『鼻緒すげ実演』
京都の舞妓さんも愛用の『坪寄せ草履』
職人が鼻緒すげの実演をいたします。
疲れなくてオシャレな草履です。
ぜひ一度お試しください!
お手持ちの草履のすげ替えもいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です