米沢染と織の祭典&米沢バル開催!

一年前から

米沢の粟野さんと温めてきた企画です!

*粟野さんとは、米沢の産地問屋 粟野商事の社長さんで

米沢の産地を取りまとめている方

きくちいまさんのオリジナルも手がけている方

きものマルシェにも毎回来ていただいてる

何かとお世話になってる方

 

かれこれ一年前の居酒屋で。。。

お客さんが

これは行ってみたい

いや

行かなくっちゃ!

と思ってくれること何かないかな~

と反省会をしてたところ。。。

 

米沢牛のバーベキューなんてどうかな!?(田中店主談)

えっ

そんなの俺が客で行きたいわ!(粟野談)

めっちゃテンション上がるわ!(粟野談)

え~んちゃう!(粟野談)

なんなら俺が焼いちゃうし!(粟野談)

飲みながらでも、え~んちゃう!(粟野談)

米沢バルやろ!米バル!(粟野談)

ということで即決。

 

あっという間に一年が過ぎ

とうとう実行することになりました。

 

呉服のたなか 秋のきものフェスタ第二弾

『米沢染と織の祭典&米沢バル』

◆10月19日(金)10時~18時

    20日(土)10時~18時

    21日(日)10時~17時

岡田神社 儀式殿(和室)および中庭にて

    北九州市八幡西区岡田町1-1

*駐車場ございます

 

~きものとグルメの町 米沢を訪ねて~

山形県米沢市。織物の一大産地として、300年の歴史を有するこの地は

豊かな自然と温かな人情にあふれた癒しの郷でもあります。

上杉家の家訓「質実剛健」、名君上杉鷹山公の有名な「なせば成る。。。」

の教えを守り、伝統を今に受け継ぐ染と織の工房が点在します。

また日本三大牛のひとつ「米沢牛」をはじめとするローカルグルメも満載です。

そんな米沢を満喫できるレアなイベントです。

 

【米沢染と織の祭典~岡田神社儀式殿(和室)にて】

出品工房 ◆野の花染工房 ◆白根澤 ◆よねざわ新田 ◆近賢織物 ◆佐志め織物

     ◆きくちいまオリジナルブランド「skala」

 

 

特別ゲスト 野の花染工房 6代目 諏訪豪一さん来場!

「教えられてもできないと思います。マニュアルもありません。失敗した数だけ自分のノウハウが

増えていきます」と朴訥(ぼくとつ)に語る豪一さん。サフラン、紫根、茜、藍など草木の色を

操る達人です。

 

 

【米沢バル~岡田神社の中庭でやっちゃいます!】

  *屋根があるので雨天決行!

  《米沢バル メニュー》

    ◆米沢牛 炭火焼

    ◆米沢酒蔵 東光の日本酒

    ◆米沢高畠ワイナリーのワイン(赤・白)

    ◆米沢名産 ラフランスのジュース

    バルチケット 2,000円(前売1,500円)

*前売券をご希望の方は、呉服のたなかでお買い求めいただくか

       事前にご連絡をいただけましたら、前売券をお取り置きしておきます

問合せ先 呉服のたなか(093-631-3391)

田中寿典(090-1515-6631)

平岡大輔(090-1874-9861)

呉服のたなかのホームページ、FBページからのお問い合わせも可

*バルメニューのご提供は、10/19(金)~21(日)の3日間とも

11時~16時頃まで

*食材は十分に用意していますが、無くなり次第終了とさせていただきます

 

【特別出店コーナー】

 がらす工房大喜(平岡大輔さん)

  とんぼ玉体験 1,800円~

帯留、簪(かんざし)、羽織紐ほかアクセサリーも展示

 

 

 ②きものリメイク青蛙(上田佳枝さん)

  柄足袋オーダー会

柄足袋加工代 2,000円~

生地はいろいろ選べます! 生地のお持込もオッケー!

自分だけのオリジナルの足袋ができちゃう!

 

 

そして

このイベントを取り仕切るのが

私たち

呉服のたなかです。

店主と女将

そしてイベントのときにお手伝いして下さる数人のスタッフ

ほんとに小さなお店です。

いつも言っていることですが

呉服屋さんは、敷居が高くて入りにくいと思います。

入るのにとっても勇気がいると思います。

いや

知らない店は入れないのが普通です。

何かしらこのイベントに興味を持っていただけましたら

どうぞお気軽にいらしてください。

はじめてさん大歓迎!

ただし、「初めて来ました」と堂々とおっしゃってください。

ウェルカムです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です