京都の祇園祭に行ってきました

約20年着物の仕事をしていて

京都にも仕入れで何十回と行っていますが

祇園祭には縁がありませんでした。

7月は仕入れの時期ではないのと

とにかく暑くて人が多いと聞いていましたし

こちら地元の祇園山笠のような感覚で想像していましたので

あまり興味がありませんでした。

たまたま今回

「祇園祭に行ってみたい!」というお客さんがいらっしゃったので

一念発起して企画しました。

洋服なしの「きもの旅行」です!

一日目はお昼前に京都に到着し

貴船の川床へ。

幻想的な雰囲気の中で京料理に舌づつみ。

幸せすぎる!! と皆さん言われていました。

その後市内に戻り宵山見物へ。

それぞれの鉾に特徴があり

優雅で壮大で、想像を超えるスケールと

長い歴史に裏付けされた京都の文化を感じることができました。

鉾に乗り込んで拝観したり

御朱印を集めたり

お気に入りの鉾の粽を購入したり

楽しみ方はそれぞれ

いくら時間があっても足りないくらい

祇園祭は奥深いものだと感じました。

夕食は「京洋食まつもと」さんへ。

京都の食材を使った手の込んだ洋食は

どのお料理も美味しかったです。

二日目の朝は

四条通りで行われた山鉾巡行の注連縄切り行事に立会いました。

お稚児さんが注連縄を切るまでの

神聖な雰囲気は見応えがありました。

その後は名物の「辻回し」を見たあと

藤井絞さんを拠点に山鉾の巡行を見物

個性豊かな鉾が通過する度に大歓声

手の届きそうな最高の場所でゆっくり見物することができて

大満足でした。

今回は前祭りでしたが、「後祭りも見たいよね~」という声も

早速上がっていました。

本当に一生の思い出に残る素敵な大人旅でした。

呉服のたなかからのご提案!

せっかくなら

「京都で着物を誂えたい」

「娘(孫)の振袖を京都で誂えたい」

そんな方に祇園祭を楽しみつつ着物を誂える

そういうお世話もさせて頂くこともできます。

一般的なツアーでは入れない

とっておきの特別な場所をご用意することもできます

一生に一度の大切なお買い物をそんな形でサポートさせて頂く

こともできます。

お店の方で、どうぞご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です